車検に関する言葉の意味

車検を受けるにあたり、知らなかったわけじゃないけど、きちんと理解していなかった言葉もあり、念の為、調べてみました。

まず、法定費用というのは自動車重量税、自賠責保険料、印紙代のことです。法定費用って、このトータル金額を総称しているんですよね。

で、この法定費用というのは、どこで車検を受けても同じ金額なんです。車種とかが同じであればですけどね。

あと法定2年点検というのも聞いたことはあったけどという程度でした。で、法定2年点検っていうのは、自動車使用者に義務付けられているものなんです。新車は3年、それ以降は2年に1度車検を受けること以外に、規定項目の分解点検を行うこと(これが法定2年点検)になっているんです。義務付けされているんです。

ちなみに、法定2年点検って車検が合格しても必ず実施しなくちゃいけないので、改めて認証工場とかにお願いして、点検整備してもらいます。

でも、そうなると費用がかかりますよね。なので、車検のときは、法定2年点検付きの車検を受けるといいんだって。

あと、検査証章ですが、これはシールなので知ってはいたけど、自動車の前面ガラスに貼ります。要するに検査証の有効期間がわかるってわけです。

だから、車検が終了すると運輸支局から発行されるので、張り替えます。色は年度を、数字は期限月を意味しているそうです。

あと、車検を受ける場合指定工場とか認証工場って聞くんですが、これについては、違いとしては、車検ラインが工場内にあるかどうかだけです。

認証工場だと必ず運輸支局に車を持ち込んで運輸支局の車検ラインで検査をしてもらわないとだめです。指定工場だと工場内に専用の車検用ラインを持っているので、運輸支局では書面審査だけでオーケーなんです。
だから、指定工場の方がいいってことです。たぶん。

まぁ、基本的なことだけですが、かなり勉強になりました。